toggle

古物商の許可を取得し、皆様にメリットを出せるように頑張ります!

古物商の許可を取得し、皆様にメリットを出せるように頑張ります!

2020-03-17

不景気というネガティブな会話が続く中、「楽しい話題や前向きな会話でモチベーションを上げて不景気をぶっ飛ばしたい」とお考えではありませんか?

 

弊社も一昨年前から不景気の予想が出されていたので、このタイミングで古物商関係の業務もおこなおうと、計画をしてまいりました。

 

実際にはコロナウイルスの悪影響もあり、想像以上の不景気となってしまいましたが、今回の古物商許可取得と、中古品販売事業を立ち上げたいと考えた経緯をご説明するとともに、皆様に少しでもメリットを出せるお取引へと邁進する所存です。

 

まずは、なぜこれまで取得をしなかったのかについて、簡単にご説明をさせて頂きますと、“横流しをしない安心できる業者”という姿勢を貫きたかったからです。

 

古物商の許可を取得していると、スクラップ扱いで処分委託をした排出事業所の知らぬところで、自社の機械や廃棄物を処分委託した荷物が、インターネットで転売されていた!なんて事を良く耳にします。

 

実際、弊社の販売先が転売に関わり、知らないところでネットビジネスに転売されていたなんて事もありました。

 

反対に、お客様から「まだ使える機械なので誰かに売っても良いからね!」という言葉とともに処分委託される事も多々あるので、商品としての価値を残しつつ、スクラップとして破壊される荷物も多々見てまいりました。

 

ではなぜ不景気に先立ち中古品の販売を手掛けるのか?というと、販売するPR先はネットも含め、現在では手法は多々あります。

 

また、売り主側からすると、1円でも高く売りたいという希望は当然なのに、不景気の場合はスクラップの単価もニーズが少ないため、必ず安価での取引となり、どうしても安い!というイメージがあります。

 

そこで弊社では、必ずお客様へ「転売しても良いですか?」という確認のもと、中古品の販売をおこなっていこうと決めました。

 

お客様が気づかなければ丸儲け!という商売ではなく、転売の許可を得られた荷物で、再生段階でCO2を発生してしまうリサイクルから再利用のリユースで環境にも配慮し、ニーズにあった商売もおこなってまいります。

 

さらに現在考えているお客様のメリットは、委託販売も承ろうかと考えているところです。

 

まだ委託システムはこれから決めるところですが、一定の手数料(回収、販売、梱包、出荷などを含める)を頂き、高く売れればラッキーという感覚となりますが、現在のようにスクラップ相場が安価な時は、かなり高確率でメリットを出せるかと安易に予想できます。

 

さらに、現在では古紙リサイクルにおいても、在庫過多の状況へと陥り、適正価格(取り扱いの適正マージン)が安くなり、逆有償となりお客様から引き取り手数料を頂く形となっております。

 

こちらにつきましても、工場間の製品や加工品の流通に利用する段ボールや、配送に利用して1回での処分となる段ボールも、新品を使用すると高額で、荷主の負担も大きくなります。

 

そこで、注文を受けた段階で、箱型にした状態のサイズをお聞きして、弊社のお客様を中心に仕入れとして買い取りを行えれば、段ボールの排出企業様にもメリットを出し、発注利用する方も新品よりかなり安価で入手できるメリットが出せます。

 

とりあえず簡単(文章は長くてすみません)にご説明しましたが、今後は転売を目的とするお客様にも弊社を利用して頂けるように努めてまいります。

 

参考までに、今回取得した許可品目は、自動車・自動二輪・原付・自転車類・事務器具類・機械工具類・道具類・書籍となっております。

 

ニーズや依頼があれば、その他の品目も追加したいと考えております。

 

現状のシステムの出来上がっていない中でのPRに至った経緯は、4月~の景気がもっと悪くなると耳にしているため、とりあえず悪化する前に認知していただこうと考えただけです。

 

不景気には、どれだけ早めに対策を練られるか、どのようなコストダウンを図れるかといった対策と、前向きな気持ちで不景気を吹っ飛ばすというスタンスが、福を招き入れます!

 

弊社にご相談いただければ、少しでもメリットを出せるかもしれませんので、これからの対策も含めて、お声がけいただければ幸いです。

 

とりあえず話を聞きたいという方は、下記の問い合わせフォームよりご連絡をください。