toggle

遊具の撤去をお考えの施設の方必見!

遊具の撤去をお考えの施設の方必見!

2021-09-04

実は弊社は名古屋市の保育園などの遊具の撤去を受けております。

 

なぜ豊橋市から?と思われるかもしれませんが、弊社のトラックは重機のようなアタッチメントもあり、通常であれば大きな遊具の撤去で経費として計上される「重機使用料」と「重機搬送料」がかかりません。

 

つまり、重機レンタル費用の削減と、運搬費が計上されないことになります。

 

また、金属の切断道具も揃っておりますので、仮にトラックに乗らないほどの大きさの遊具でも、運搬可能なサイズまで加工をして搬出もおこないます。

 

数年前までは豊橋市の保育園や幼稚園でも遊具の撤去をお受けしておりました。

 

通常の遊具(ジャングルジム、滑り台、鉄棒、雲梯、上り棒)等の単体遊具でも、4tクレーンが侵入できる場所であれば、積み込み作業も5~10分で終わってしまいます。

 

長さや大きさがトラックのボディに入りきらない場合でも、弊社のユニックパルであれば油圧で変形させることが可能なので、現地での切断作業も行わず、早々と積み込むことができます。

 

他にも多目的遊具では切断作業が必要となりますが、ブロックごとに切断と基礎部分からの切り離し作業は必要となりますが、積み込み作業においては、クレーン車のようにワイヤー掛けが不要なため、作業も迅速におこなえます。

 

また、木製遊具につきましても、大型遊具においてはチェーンソーを持ち込み、小型の物であればユニックパルでそのまま積み込みが可能の場合もございます。

 

なお、撤去材の処分においても、金属製であれば通常のスクラップ買い取りもおこなっておりますので、買い取り分だけ減額をして、撤去費用の請求となりますが、令和3年9月1日現在のように相場が高値安定している状況下では、引き取り出張料金もかなり安価、もしくは重量があれば無償回収も可能となります。

 

また、減価償却が終わっていない物では、廃棄証明書も発行します。

 

木製遊具(木くず)の様な廃棄物においても、マニフェストを発行しますので、廃棄物のその後の流れもご確認いただく事が可能となっております。

 

ちなみにこれまで撤去した遊具などは以下の通りです。

 

撤去依頼の種類  ジャングルジム、鉄棒、上り棒、雲梯、サッカーゴール、樹脂製遊具、樹脂製複合遊具、FRP製遊具、FRP製複合遊具、鉄製複合遊具、ゴムマット、人工芝、バスケットゴール、大型タイム表示盤、机、椅子、ロッカー、パーテーション、金庫、ハンガーラック、楽器、その他

 

その他事例 

グラウンドにある遊具を全て撤去(木製、鉄製、FRP製など)

遊具と垣根の生木や高さ6mの桜の木2本

 

また、事例として少しでも安価に納めたい場合、基礎コンクリートの上で切断をおこない、コンクリートはそのままグラウンドの地面下10cmのあたりに残す手段もございます。

 

見出しにもある通り、豊橋市に限らず、ご予算に合えば市外にも引き取りに伺いますので、ぜひお気軽にご相談ください。

 

住所と施設名称をご連絡いただき、その後のメールのやり取りにおいて、必要とあれば写真をメールにて送信いただければ、おおよその撤去費用はお伝えする事ができます。

 

お問い合わせ先は佐く間商店有限会社ホームページのお問合せフォームをご利用ください。

 

メールアドレス info@sakuma-recycle.com

 

なお、電話連絡をご希望の方は0532-31-0771までお願い致します。